♭ いぶきエアストーン 30φ×150 お気にいる #100 1個 1288円 ♭ いぶきエアストーン 30φ×150 #100 1個【♭】 ペット・ペットグッズ 熱帯魚・アクアリウム 水槽・アクアリウム フィルター・エアレーション器具 エアストーン ♭ いぶきエアストーン 30φ×150 お気にいる #100 1個 30φ×150,hotschatzpr.com,1個【♭】,#100,ペット・ペットグッズ , 熱帯魚・アクアリウム , 水槽・アクアリウム , フィルター・エアレーション器具 , エアストーン,/Elean333793.html,♭,いぶきエアストーン,1288円 30φ×150,hotschatzpr.com,1個【♭】,#100,ペット・ペットグッズ , 熱帯魚・アクアリウム , 水槽・アクアリウム , フィルター・エアレーション器具 , エアストーン,/Elean333793.html,♭,いぶきエアストーン,1288円 1288円 ♭ いぶきエアストーン 30φ×150 #100 1個【♭】 ペット・ペットグッズ 熱帯魚・アクアリウム 水槽・アクアリウム フィルター・エアレーション器具 エアストーン

♭ いぶきエアストーン 30φ×150 お気にいる アイテム勢ぞろい #100 1個

♭ いぶきエアストーン 30φ×150 #100 1個【♭】

1288円

♭ いぶきエアストーン 30φ×150 #100 1個【♭】






■いぶきエアストーンの特徴
・エアストーン全体からムラなく均一に出る細かい泡で、水槽内にすばやく酸素を供給することができます。

・好気性(酸素が好きな性質)の硝化バクテリアの働きも一層活発になり、水質も良くなります。

・1200度の高温で焼結したセラミック製品ですので、丈夫で形崩れすることがありません。

・適度な重量があり、水槽内で水中で動き出す心配もありません。

★使用前に水に浸けて下さい!

製品の中に空気が残った状態のままでエアを送ると空気が残っているところはエアが通りやすいので、そこからばかり泡が出ることになってしまいます。
水に浸けて製品の中に残っているエアを全部抜いてください。


■30φ×150の特徴
・業務用の本格派エアストーンです。
・セラミック部分の直径は約30mm、チューブの差込口まで含めた長さは約190mmです。
・直径が30mmと大きいですが、逆にその分広い範囲からきれいに泡を出してくれます。
・両端のプラスチックパーツが大きく、底砂などに接することがないのでその部分の泡が大きくなったりすることもありません。
・市販のボックスドライバーで製品を分解することが可能ですので、セラミック部分のみ洗浄することで再生が可能です。
・ホース差込口は竹の子状で、内径4~5mmのホースを差し込むことが出来ます。

■製品仕様
品名  30φ×150 #100
製品寸法直径約30mm×長さ約190mm
製品重量約350g
ホース差込口内径4~5mmのホース用

■#の数字について
#の後ろの数字は泡のセラミックに空いている孔の細かさを表しています。

ただしこの数字は、例えば#100というのがセラミックに空いている平均気孔径100ミクロンということではなく、原材料に起因した番号です。
参考までに#100の場合、平均気孔径は約20ミクロン前後です。

#の後ろの番号が大きくなれば製品に空いている孔の大きさは小さくなり、泡も細かくなります。
逆に#の後ろの数字が小さくなれば製品に空いている孔は大きくなり泡も大きくなります。


■エアポンプ風量との関係
どのエアストーンにどの風量のエアーポンプがいいかということはエアストーンのサイズはもちろん、水深とも大きく関係します。

例えば、風量が1000ccのエアポンプでも、水深20cmでお使いになるのと水深40cmでお使いになるのでは実際の風量が大きく変わりますので、その点もご注意下さい。


鯉 錦鯉池 錦鯉水槽 金魚池 金魚水槽 エアーストーン
錦鯉販売 錦鯉通販の大谷錦鯉店
鯉 錦鯉1匹より販売 水槽錦鯉も販売中

♭ いぶきエアストーン 30φ×150 #100 1個【♭】

メールアドレス
リメンバーNeoMag通信 【電池の基礎シリーズ(1)】
2012年10月配信
1.電池の始まり
1660年頃、ドイツの物理学者ゲーリックは、イオウのボールの回転による摩擦で静電気を発生させる“摩擦起電機”を発明しました。その後1700 年代に入り、米国の独立宣言起草者の一人でもあるベンジャミン・フランクリンが電気には“プラスとマイナス”があることを提唱し、1752 年の有名な凧揚げ実験で、電荷がライデン瓶と呼ばれた蓄電器に集められて、雷が摩擦電気の放電現象と同じ現象であることを証明しました。
ゲーリックの摩擦起電機により静電気の研究は進展してゆきましたが、実用化を熱心に考えていたのは当時の医者でした。そんな中で1780年、イタリアの解剖医のガルバーニが、死んだカエルの足が金属のメスに触れるとけいれんを起こしたり、鉄柵に吊るしたカエルの足が雷の発生とともにピクピク動くことを見つけ、1791年その原因は動物電気(ガルバーニ電気)によるものだという論文を発表しました。
磁石関連用語PickUp
ネオマグFacebook